« 9月22日 学会のあとは、鎌先温泉へ | トップページ | 9月23日 仙台最終日 »

2013/10/08

9月22日 鎌先温泉 夕食

夕食は、別館の個室で。

別館は、もともと宿泊場所として使われていた場所だそうです。

昔、な感じで素敵でした。

Dscn0494_2


Dscn0495


Dscn0493


お皿が、月の形をしていて見た目でも楽しめます。

甲殻類アレルギーがあることを伝えるとすぐに違うものに変更してくれました。

Dscn0496


左手前のものは、紫蘇とニンニクのソース、右手は、刺身醤油。

紫蘇にんにくソースが絶品でほとんどこれでお刺身を食べちゃいました。刺身のお皿にもバジルソースが載っているのですが、これがもう感動的なおいしさでした。

Dscn0498


Dscn0499


Dscn0500


部屋の演出も素敵♪

Dscn0502


メインの一つ。

肉か魚か選べたので、仙台牛をチョイス。

自分たちで目の前で焼くのではなく、焼いたものをこうやって持ってきてくれました。

これのほうが、待つイライラがなくて私には、うれしいですね。

お肉を梅岩塩で頂きました。

手前にあるハバロネ(?)の入った大根おろしを添えてもおいしいです。



Dscn0503


さつまいもか栗か、若干食べられない素材でした。

Dscn0504


メイン二つ目。

「ひらす」という白身の魚のちゃんぽん鍋か黒豚の豆乳鍋か選べたので

今回は魚にしました。

ごぼうがたくさん入っていてこれは、とってもおいしくって

御出汁をほとんど飲んじゃいました。

Dscn0505


友人がえらんだ黒豚の豆乳鍋。黒豚がとっても脂がのっていてこちらもおいしそうでした。

Dscn0506


煮込んだ状態。

ごぼうを見ると、2月に駒形どぜうでどじょうを食べたことを思い出しました(笑)

Dscn0507


〆のごはん。

2種類あって舞茸ごはんとひとめぼれ、を選べるといわれ悩んでいたら

両方持ってきてくれました。

舞茸ごはん、おいしかったです。舞茸独特の臭みが全くなく食べやすかった!

Dscn0508


最後のデザートは、柿のババロアとフルーツ盛り合わせ。

ババロアは、苦手なんだけど、意外に以外、おいしかった!

目でも楽しみ、味でも楽しみおなか一杯の大満足の晩御飯でした。



部屋に戻ると、お布団がひかれていました。

Dscn0509


ふわふわでぐっすり眠れそう!

予約していたマッサージの時間まで部屋でごろごろ、おしゃべり。

こういうなんてない時間いいなぁ。

そして、マッサージはとってもリラックスでき大満足。

寝る前に薬湯に入りに行きました。

これまた、人が誰もいなくてゆっくりできました。

学会疲れもあり、あっという間に就寝。

« 9月22日 学会のあとは、鎌先温泉へ | トップページ | 9月23日 仙台最終日 »

おそとごはん」カテゴリの記事

北陸・東北旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月22日 学会のあとは、鎌先温泉へ | トップページ | 9月23日 仙台最終日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー