« カボスのジュース | トップページ | お礼状 »

2013/04/29

4月20日

ずっと行きたかった桜の吉野。

今回は残念ながら散ってしまって残念になったけどそれでも楽しくて大満足の2日間でした。

朝11時ごろ奈良駅に到着のはずが、電車を乗り間違え

12時ごろに到着。

ならまち散策はあまりできなかったけど

素敵なお店へ連れて行ってもらいました。

ならっ布というブックカバーやしおりが素敵なお店です。

ふすま地のブックカバーを三種類購入。

ずっと見ていたくなるくらい素敵なお店でした。

次回もここへ行きたいな~

近鉄奈良駅まで歩き

西大寺で乗り換え

橿原神宮へ。

このあたりから雨雲がどどーんと広がっていました。

もう一人の友人と合流して

吉野へ。

P4202378


観光客が続々と降りてきました。

P4202379


P4202380


マイナスイオンがたくさんあふれてる感じで好き♪

ここを歩くの?と言わんばかりのすごい坂が続きます。

P4202381


ここの葛餅を友人が購入。

生、なので冷やすと固くなるため日持ちしないそうです。

おいしい!そうです。

(私、きな粉が駄目なので遠慮しました)




P4212448


今回宿泊したのは「吉野荘 湯川屋」さん。

旅行社に最初に提示されたのは2軒。

一つは女性向きで「エステ」「天然温泉」「選べるゆかた」が自慢のお宿。

もう一軒がここ。天然温泉ではないけどお料理自慢らしい宿。

選べる浴衣はどうでもいいので

おいしいという評判を信じて湯川屋さんにしました。

到着が4時だったので少し街歩きすることにしました。

まずは、近くにある蔵王堂へ。
P4202383

P4202385


P4202386


P4202387


夜に無料のライブがあるみたいで椅子がたくさん並べられてた。

雨だけどどうなるんだろう・・・

P4202389


P4202391


P4202392


サクラが全く咲いていないんだけど

八重桜?ボタン桜は満開でした。

P4202394


P4202396


P4202397


P4202398


P4202400


P4202401


P4202402


P4202405


P4202406


P4202408


P4202411


P4202414


P4202415

ここで天皇さんが宿泊されたそうです。

この日は閉館していましたが素敵なお庭を拝見できるみたいでした。

宿に戻って

晩御飯の前にさらっと温泉へ。

熱さが半端なかったけど寒さを和らげることができました。

そう!

この日は、とても寒くて靴下2足、ババシャツなど完全防備してきて大正解でした。

晩御飯は部屋食。
P4202423


左はゴマ豆腐。

右のお皿の真ん中はつくしの佃煮、縞々は、柿とチーズ、大根とにんじんのうずまき、生麩のみそ焼き、タラの芽の佃煮。

P4202424


3年物の梅酒。

氷が解けてしゃりしゃりでおいしかったです。

P4202426


シカ肉のソルベ。

生姜醤油で頂きました。癖がなくおいしい!

P4202427


刺身こんにゃく。

こんにゃくと侮ることなかれ。

どれも味が違っておいしい。白い器のものは湯葉。

水がきれいだからか豆腐屋さんをたくさん見かけました。

P4202428


サトイモの団子。中に鶏団子が入っています。

土瓶蒸しは、きのこが入っているだけなんだけど、私たちにはマツタケの香りがして不思議でした。

P4202430


西行鍋。

出汁に葛が入っているので火が消えてもこの湯気そのまま。

アツアツでいただけます。しかも火で焚いている間にすり鉢とすりこぎでゴマをするという楽しみつき。

ゴマの香りを楽しみながら一生懸命すりました。

御出汁がおいしくて飲み干しました。

P4202431


P4202432


鮎のみそ焼き。

甘露煮のように骨をとっていたのですべて食べられました。

てんぷらは、ヨモギ、柿、白魚の湯葉まき、山芋、高野豆腐とどれもおいしく

あっという間におなかの中へ。

P4202433


デザートはイチゴと葛餅。

葛餅は白餅で中はカスタード。

凍らせているので自分たちの好きなタイミングでおいしくいただけます。



せっかくの吉野。

さくらは散ってしまって残念だったけど、せっかくなので日曜朝に蔵王堂で行われている勤行に参加することに。

旅館で売っているチケット1枚900円だけど、朝1回、昼間1回と2度入れるそうなので

それを利用することにしました。

この日は、10時までにお風呂へ入って

11時30分ごろ就寝。

夜中雨足が強くなっていました。

« カボスのジュース | トップページ | お礼状 »

日帰り・一泊関西旅」カテゴリの記事

コメント

吉野へは、行ったことはありませんが、懐かしい気分がします。
なぜならば
私の叔母は、奈良県吉野から、叔父のところに嫁いできた人でした。
有名なS女学院高校の国語、歴史を教えていました。(奈良女子大卒)
88歳で亡くなりましたが、
もし叔母が存命ならば
このブログの写真を見せてあげたらきっと,故郷を思い出し
喜んだと思います。
静かな中にも凛とした良い雰囲気のところですね。
日本にも魅力のある街が一杯ありますね。
今日、、テレビで「タマ駅長さん」が14歳のお誕生日を
祝ってもらっていましたね。
14歳は人間の70歳で喜寿に当たるそうですね。
私より、大分若いですね。

sacromonsterさん。

いつもありがとうございます。
束の間の休日、満喫中でネットにつなぐこともせず申し訳ありません。

吉野のこともまだ描き切れていないのですが、とても楽しかったです。
たまちゃんも負担を減らすため月土の出勤を火木の出勤に減らすそうです。この間身に行けてよかった、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カボスのジュース | トップページ | お礼状 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー