« 晩御飯〜 | トップページ | 今日は勉強会… »

2009/12/09

今日のお仕事。

たまには、お仕事のことを。

毎週月曜日と水曜日の午後2時から20名弱の服薬指導を行っています。うちは、精神科なのでたいした話はしないんだけど。。。
普通の病院では、もっと副作用のこととかお薬と食べ物の因果関係とかしつこく聞かれるらしいのですが、私は最初の面会のときに「さらーーっと」本当にうわべだけ、お話ししています。

もちろん、患者様から「教えて」と言われたらお話ししますが、たいていの方は「先生に任せているから」と絶大な信頼を主治医の先生に置かれています。


13年間の経験上、あまりしつこく「副作用では」こういう症状が出ますとか話をすると、
それだけで「眠れなくなる」ことが起きるのです。

私が思う「病棟での薬剤師のあり方」というのは、
薬の効き目だけ、薬の副作用だけ、薬についてだけ
話すればいいとは思っていません。

先生が思うその患者様の病気の治し方があると思うからです。
薬一つをとっても一つの作用だけではないから、
もしかしたら、もっと別の作用を期待していることも考えられる、
それなのに、薬剤師の分際で「薬の効果」について話をする権利はないと思うからです。

病院で一番偉いのは、医師。
次に看護師、と言う風に思われていると思います。

私が思う病院とは、一番偉いのは患者様,だと思っています。
次に医師。その次は、とんとん。

患者様あっての病院だと思うならば、もっと患者様の意思や権利を尊重すべきだと思います。


それはさておき、今日はある患者様のお話。

彼女は、4月頃大暴れしているという通報のもとうちの病院に入院しました。入院当初は、「帰りたい」「私は病気じゃない」と外来待合室で大声で怒鳴って暴れていました。
医師による投薬の結果、少し落ち着きを取り戻し、
7月頃から服薬指導を開始しました。

最初の頃は、「私が暴れたのは、やはりおかしかったから」と話されていました。自分で自分を制御できない病気であるから、仕方ない、私の人生はもう終わり、のようなことを話していました。
服薬指導を始めるときは、まず,黙って相手の話を聞くようにしています。

「それは違うよ」「それは、そんな風に思っていては行けないよ」とか、発したい言葉はたくさんありますが、その場で言う必要はないと思っています。
否定をするのならば、いつでも出来るけど、
相手が話したいと思う瞬間はそのときだけだと思うからです。

もちろん、時間制限もあるのできりのいいところで「じゃまた,来週ね。お話聞かせてね」と言うと残念がられていましたが。

薬の効果もあり、環境の変化もあり
最近は少し落ち着いてきていました。それでも、少し感情の浮き沈みが激しいらしく
今日は、彼女の服薬指導日ではなかったのですが、話を聞いてほしいと言われ、聞くことにしました。

前から、一度家へ帰りたいと話されていたのですが、急に昨日荷物をまとめて退院したいと院長に申し出たそうです。
院長が、主治医ではないから,主治医の先生に一度話してからでないと無理だ、と
強く言ったため気持ちが不安定になったそうです。
主治医の先生が、2、3度外泊をしてから、退院と言う段取りを踏みましょうといったので
すぐに外泊許可が欲しいと言ったそうです。
彼女が言うには、12月中に外泊を繰り返して様子を見てもらい、出来れば1月のお正月には家にいたいと思っている、かな先生はどう思いますか?

と言われました。

私は、そんな風にぎゅうぎゅうに予定を立てていて、それが1つ崩れたときに次の予定が総崩れにならないようにとりあえず、1回目の外泊を申し出てはいかがですか?と話しました。

とりあえず、外泊を1回してみて
自分に自信が生じたら、もう1回。
だめだ、まだ早いと思ったらもう少しここにいる。

あなたは、ずっとここに入院しなければ行けない人ではないから、もう少しゆっくり考えてみてはいかがですか?とも。
どうも、精神科病院に入院すると,周りの人たちと同じようになりたくないと思ってしまうらしいのです。そんなことはない、絶対大丈夫、退院できます。
ただ、あまり、急ぎすぎると気ばかり、焦ってしまって結局逆戻りになっちゃうこともありますよ。

とりあえず、彼女は落ち着きを取り戻し明日主治医の先生に相談してみると話していました。

医師に相談する前に薬剤師に。
看護師に話できないことは薬剤師に。

そんな風な病院生活になってくれれば!と思います。
言えないことを私たち薬剤師に話をしてくれるだけで、大丈夫、。

彼女たちの安心できる居場所になれたら、
そんな風に思える今日のお仕事でした。

« 晩御飯〜 | トップページ | 今日は勉強会… »

itumono職場」カテゴリの記事

コメント

それについてはかなちゃん、絶対に正しいと思うよ。
相談が出来ないからかなちゃんに話してくれるんだから患者さんが1番にきまってるよ。
うれしいね、薬剤師冥利につきるじゃないか。
君の患者さんへの対応は完ぺきに正しい。
がんばれよ。

でもな、頑張りすぎるとdrからうとましく思われるから気をつけてね。
drとて神様じゃないんだから、どだい骨折や蓄膿やうつ病ですら診断出来んのも居るからね、それを修正できるのがかなちゃんや看護師さんの役目でもある、情けないけどな。

アッちょっとかなり寝てなくてご飯食べないでかなり飲みながら書類やってるから気にさわったこと書いてたらコメント消しちゃっていいよ~。
1~2日したらharuさん元に戻るからね~笑
もとのおバカ~さん。
眠い~腹減った~

ありがとう、haruさん♪


今日の出来事を早速母に話すと、うんうん、って。ちょっと嬉しかった。
あんまり,出しゃばらないでよって主治医には釘を刺されることもありますが、気持ちの持っていきかたで相手の重い荷物を取り除くことが出来ればしめたもの。

私の存在ってそんな微妙なところでOKって思っています♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩御飯〜 | トップページ | 今日は勉強会… »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー