« SWEET Season | トップページ | 最近、 »

2009/07/11

一歩を踏み出す勇気。

私の場合、『母に旅行することを伝えるタイミング』です(笑)

別に過保護とかというわけではないのですが、大学が北海道だったため
地元にあまり、友人がいません。

この間、久々に帯広に住んでいる友人にメールをしました。『近いうちにそっちに行きたいけど会える?』と。彼女は、結婚して旦那様と姑さんと一緒に一軒家に住んでいて
年賀状に『泊まりにきてね』と書いていたので、泊まらせてもらえたなぁと思って。

普通は社交辞令、なんですよね。
『近くにお越の際はぜひお立ち寄りください』という決まり文句。

でも、私には”もちろん”通用しません。
『行きますよ〜』(笑)

彼女からの返信メールには『いつ頃の予定ですか?泊まって行ってね』という答え。

そうなれば、札幌に住んでいる友達2人にメールをして、会えるかどうかのチェック。

1人からすぐに大丈夫メールが来ました。
一応、9月の連休前に行くことにしました。それの方が都合つきやすいか,と思って。

すぐに旅行会社に電話をして、飛行機と1泊目の旅館を取って。

その後が,問題。
母の『機嫌がよろしいとき』を見計らって、『旅行計画の報告』。いつもなら、
お金を払ってしまってから,言うのですが、今回は意外にもすぐにそのタイミングがやってきて。

9月の頭に北海道に行くことを話すと、案の定『誰と行くの?」と。
『北海道やもん、1人』と答えると、『どこ回るん』『札幌と帯広』
『帯広は、どこに泊まるん?』「友達ん家』『そう。』

で、終わり。
今回の『一歩を踏み出す勇気』は意外にも簡単に終結。いつも心臓がバクバク音をたて、脈が速くなり、気分も悪くなるのに。

旅行に行く,と決めるのは、私。
北海道に行こうと決めるのは,私。
日程を決めるのも私。

だけど、それをいざ、実行に移す勇気が、実は一番いるのかもしれない。
旅行会社に電話をする、それだけでかなりの勇気。
だって、今回はひとりだし。

向こうに着くまでは、1人。

きっと、普通なら、関西の大学を出た人だったら、許してくれないんだろうな。
北海道で、何か合ったとしても、頼れる誰かを知っている。

でも、絶対楽しい,と思える瞬間があることも知ってる。
友人に会うだけで、北海道の空気を吸うだけで、元気になれることも知っている。

たま、に緊張しすぎて、ご飯食べれなくなることもあるけど、
最近太り気味だし、大丈夫でしょう。

関空行きのリムジンバスに乗っちゃえば、昨日までの不調知らず、なはず。

2泊3日の短い休暇、だけど、満喫できるよう研究しなくちゃ。

« SWEET Season | トップページ | 最近、 »

kanaのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SWEET Season | トップページ | 最近、 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー