« 第二弾 | トップページ | 大漁 »

2009/05/06

生き方を変える。

ずっと、気になっていることがあります。

例えば、友人と旅行に行くと決めて、「どこに泊まる?」と聞くと
「かなちゃんの泊まりたいところでいいよ」と言われ、まぁ妥当な金額のホテルなり
旅館なりを決めたとします。

私的には、満足の場所だったとします。
友人も、「あそこの場所、よかったね」と言ってくれました。

次の日は、違う場所に泊まりました。そこは本当にめちゃくちゃよいところだったとします。

浴場もきれいだし、ご飯もおいしい。

そうすると、友人はこういいます
「きのう泊まったホテルの浴場にあったボディーソープがほとんどなくて
体洗えなかった。晩ご飯も嫌いな物が多くて、おいしくなかった。かなちゃんには悪いけど、○○の場所の方が私的には好きだったのに。でも、ここは大満足。。。」と、。

それって、褒めてくれたんじゃなくてけなされたってこと?
どこでもいいって言わなかったっけ?
って。

今まで、私は旅行に行くと、自分の仕事場の不平不満を言って
同情を求めたりしました。「そうだよねー。腹立つよねー。」って。

だけど、それはそのときだけの自己満足で決していい気分で旅行をしている訳ではなく
やはり、仕事から離れるという訳の旅行ではない、と気づいたのです。

旅行は、日常から離れるためにしているのだから、
仕事のことは考えない、ことにしました。
自分を向上させることが出来る仕事の話は,別ですが。

「不平不満」って自分では、吐き出しているから気分いいけど
聞かされる友人たちは、ぐったりするだろうなぁ、と感じたから。

「生き方を変える」というのは,難しい。
でも、出来るだけ自分の感情は大切にしようとおもいます。

さっきの件の友人もきっと悪気はなかったとは思います。
少し前の私なら、きっと同調していたと思うから。

日々の生活でのイライラや鬱憤が、彼女をそうさせたのだと思うから。
もしかすると、のんきすぎる私の言動や行動がそうさせたのかもしれません。

思う感情は、人それぞれだから。
感じる感情もきっと違うはず。

旅行では、「相手を軽んじない」「不平不満を言わない」「感謝を忘れない」ように
気をつけようと思います。

いつもありがとう。

« 第二弾 | トップページ | 大漁 »

kanaのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

 ブログの内容も自分は、愚痴や不平不満を言わないように気をつけているのですが、どうしても吐き出したくなった時に載せてしまうことがありますね。

 そのご友人も「つい」口から出てしまったのでしょうね。個人的意見ですが、同調してできた共通の不満とか感覚は加速する傾向があって、自分の許容範囲を超えて暴走するような気がするので、なるべく楽しい時間は思わないようにしたいです。

 けれど、それって難しいですよね。気をつけているんですけど、なかなか直せなかったりします。

私も最近、言わないようにしています。
それでもやはり、周りに言わない分、吐き出したくなるときも。

そういう時は、前に別の友人が教えてくれた方法を行います。
「紙にいやなことを全部書いて、封をしてシュレッダーにかける」こと。

案外、すっきりするし、誰にも見られていないし効果抜群flair

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第二弾 | トップページ | 大漁 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー