« 郵便局帰りに… | トップページ | アクセス解析について »

2009/04/16

アンサー

どうして、人は泣くのだろう

どうして、人は笑うのだろう

どうして、人は恋をするのだろう

どうして、人は人間関係が複雑なのは嫌だと言いながら、独りは嫌なのだろう

どうして、人は失恋をすると心が痛いのに、恋をまたするのだろう

誰か、答えを知りませんか?

« 郵便局帰りに… | トップページ | アクセス解析について »

kanaのひとりごと」カテゴリの記事

コメント

難しいですね。

でも「泣いて」「笑う」のが恋愛だと思っています。

それでも、損得なしに一緒にいたいとか思うのが恋愛関係なのではないでしょうか。(現代では偽善的に感じてしまうけど)

答えが見つかった時には結婚していると思うし、その答えを探しあうことが愛情だと思っています。

……キザでくさい台詞だけど、これが自分の価値観だったりします。「心」が入る問題は答えが見つからないんじゃないかと不安になることもありますね。

自分で提議しておいて、少し逃げていました。

両親だったり、妹夫婦だったり、友達夫婦だったり、
周りにはたくさんの「夫婦」「家族」がいます。

理想とする「夫婦像」や「家族像」があったとしても
それは,あくまでも理想。自分が、作る、作り上げる「夫婦」「家族」は自分たちだけのもの。

愛してやまないもの・・・が「夫婦」「家族」なのかもしれません。
”この人のためだったら、何でも出来る!”と思うことが、ずっと必要だと思ってきたけど、
そうではなく、「相手を尊重し、自分をも向上することが出来る」ということが、恋愛の基盤のような気がします。

だって、相手を疎んでいたら、恋愛は成り立たない、相手を見下している時点で、自分のことも見下しているような気がします。

自分、自分と言わずにまず相手のことを思う,優しさを持った人が理想かな。


ちなみに。。。人は、涙を流さないと死んじゃうよ。だから、泣きたいときは思いっきり泣く方がいいんだよ。

ちなみに。。。がん細胞は、笑うことで減って行くんだよ。だから、普段からお笑いとかみてどんどん笑わないといけないよ。

ってね。
KYOさん、いつもありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 郵便局帰りに… | トップページ | アクセス解析について »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー